鹿児島にあります藤宝石です。
フルオーダーのオリジナルジュエリー、リフォ−ム実例紹介させていただきます。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 4th霧島えびの高原エクストリームトレイル Vol.2 | main | 4th霧島えびの高原エクストリームトレイル Vol.4 >>
4th霧島えびの高原エクストリームトレイル Vol.3

みなさまお疲れさまです。

 

昨日今日と藤宝石、週末ということもありまして、ニューオーダー入りましたよ!

 

ありがたいですね。

 

神様からのご褒美かな???

 

って、お客様のオーダーと私たちのゴールは全く関係ありませんね。

 

 

関係あったら、もっと頑張る!!!

 

 

ということで。。。(笑)

 

さっそく、先日の続き、日本一の枕木階段を上った後からいきますね♪

 

 

1469420780358.jpg

栗野岳登山入口

 

入りまーーーす!!!

 

 

 

懐かしーーーーぃ!!!

 

 

2年前のことがチラチラと頭によぎりながら、はやく現場(←間違えた場所)に行きたくて、キツいながらも、足早に進んで行きました。

 


1469420782598.jpg

ここでーーーす!!!

 

私が間違えた場所♪

 

ホントは、ここで右に上って行かなくてはならない箇所を、勢いで?左に降りてしまい、そこからは、もう訳も分からず四方八方。

 

 

あの時は、コワかったですよーーー!!!

 

はじめは、山の中を一人で走り回ってることに喜びを感じ、(←この時はロストしてるとは思ってないので)

 

 

え?[栗野岳]貸し切り???

 

 

ぜいたくーーーー♪

 

なんて、浮かれて走ってました。

 

 

↑2年前のリベンジラン(大会3日後に現場検証に行った際)の写真

 

 

でも、しばらくもしないうちにちょっと滑って手をついて、、、(尻も着いて。。。笑)

 

 

あれっ?

もし、今私転んで頭とか打ったら、誰も助けてくれる人いないよね。

 

 

 

なんて思いはじめたら、いろんな不安が出てきて

 

蜂が来たらどうしよう、ヘビが出たらどうしよう、

 

 

にしても、どうして、後続の人が来ないんだろ。。。

 

さっき、別れたおじちゃんは???(迷ってるのかな?大丈夫かな??)

 

 

 

 

って、実際は私が迷ってたんです。

 

 

なんて、ミステリーーー!!!

 

 

 

と、そんなこんなな2年前。(笑)

 

 

ようやく、あの日から先に進めます!!!

 

 

頑張るぞーーー♪

 

 

1469778734678.jpg

ちなみに、左でモーーンしてるのは、ダテちゃん。きついよね。(笑)

 

 

そして、ここからも延々上り!!!

 

いつもなら、先を行っているはずのしのぶさんが、今回は私たちの後ろに(いるはず。)

 

枕木階段のところではすぐ後ろにいたんですが、この時点では姿も見えなくなってました。

 

 

「顔色悪かったし、大丈夫かな???」

 

と、ダテちゃんと心配しつつ、先を進みます。

 

 

 

しばらくして突然、チャキさんが、下に向って

 

「しーのーーぶーさーーーーーん!!!」

 

と。

 

それは、昔のアイドルの親衛隊のような???太い低い声での呼びかけで、しのぶさんに声援を。

 

 

この声届いてたとしたら、ちょっと恥ずかしいだろうな。。。

 

なんて思いつつ、私も「がんばれーーーー!!!」と。

 

 

 

DSC00296.JPG

(この写真は、栗野だけじゃないかも???どこだろ。。。)

 

 

その後、やっと追いついてきたしのぶさんは、かなり汗もかいてて、呼吸も荒く、かなりキツそうでした。

 

私はいつでもキツいんですが、そのキツさとは見るからに違った感じでして、

 

 

しのぶさんは、8月にUTMB(ヨーロッパの大会)、9月にUTMT(富士山のまわり一周するやつ♪)も控えてまして(すごいですよね。私の飲み友達。どんどんスケールアップしてくるし!!!笑)

 

 

ここに来るまでにも結構なトレーニングを積んできてたので、その疲れも貯まってたんじゃ???

 

などと、栗野岳の上り(急登でした。あそこ、今思えば。。。笑)で話し合い、

 

 

このまま続けるか、

大事を取ってリタイアするか。

 

 

 

涙目で地図を見ながら、考えてるしのぶさんをチャキさんとダテちゃんと私で見守りました。

 

 

そして、

 

「今回はリタイアします。(残念だけど。。。)」

 

 

と、決断したしのぶさんの言葉を聞いて、私たちは3人で静かにうなずき、

 

 

「分かった。下りも気をつけてね。じゃ、私たちは行くね。(しのぶさんの分まで頑張るね!!!)」

 

と、お互い涙目のまま、深く息をし(呼吸を整え)別れました。

 

 

しのぶさんのリタイア宣言は、かなり応え、(自分たちにとってもショックで)しばらく3人とも無言のまま、上り続けてますと。。。

 

 

 

 

あれっ。。。

 

 

下から、またしのぶさんが上ってきました。

 

 

はい。

(大会サイドとのやり取りで、オトナの事情もありながら????笑)

あれこれしてるうちに、体が奇跡の復活を♪(笑)

 

 

表情はまだ戻ってませんでしたが、足取りはさっきよりも、軽やかで、

 

これなら行けるんじゃ。(って、行くしかないんですけどね。笑)と。

 

 

私は喜んで道を譲り、しのぶさんを見送りました。

 

それはそれは、軽い足取りで、さっきのあれはなんだったんだろ???というくらい、ひょいひょい下って行きました。

 

 

よかった。よかった。

 

 

そしてダテちゃんも、下りは攻め攻め弾丸ボーイなんで先に行ってもらい、私はマイペースな能の足取りで下りて行きます。

 

 

よかった。よかった。

 

DSC00295.JPG

 

しばらく、ヨチヨチ進んでますと、

 

チャキさんに、「体とか足とか、キツくない???」と、聞かれ、 「大丈夫だよ!」と、応えると、

 

 

「だったら、急いで。(時間がないから!!!)」

 

と。(笑)

 

 

この日、何度チャキさんの口から、「時間がない。急いで!」という言葉を聞いたことか。。。

 

 

ま、そのおかげで、(チャキさんの諦めない精神のおかげで???)ゴールできたんですけどね♪

 

 

でも、第一関門以上に、第二関門(37.1km)への滑り込みはキツかったです。(結果関門13分前。コワい!コワい!)

 

 

えびの岳があんなに時間がかかるなんて!!!

 

 

もう、いつ攣ってもおかしくないという状態で、関門前のえびの岳、歩き走り続けましたんで、(ここ詰めてないと完全にアウトでした!!!)

 

案の定、無事に滑り込めた瞬間に、両足が攣りました!!!

 

 

足首に、ふくらはぎに、股関節に、もうあちこち!フィーバーとはこのことかというくらい!!!

 

 

それは見事に攣って、攣って、私は大人げなく悶えまくって、面白がってカメラマンの方まで寄ってきて下さって(笑)

ここで、医療ボランティアの健さん登場です。

 

 

やぁーーー

健さん、最高にカッコ良かったです。

 

悶え転がる私の両手に、とりあえずスイカを持たせてくれました。

 

 

ダテちゃん曰く、「まさに夏休みの絵!」だと。(笑)

 

 

続きはまた次回!

 

 

 

そしていよいよ第三関門の白鳥温泉下湯まで♪

 

(ダメ元で)アバンダントを下りまーす。

 

そして、お供はじろちゃんでーす!!!(笑)

 

☆vol.4☆

 

1469420790767.jpg

 

COMMENT









Trackback URL
http://fujihouseki2.jugem.jp/trackback/672
TRACKBACK