鹿児島にあります藤宝石です。
フルオーダーのオリジナルジュエリー、リフォ−ム実例紹介させていただきます。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
4th霧島えびの高原エクストリームトレイル Vol.5

みなさま、おつかれさまです。

すっかりお盆休みも終わり、それどころか8月もあっという間に終わりましたね。

 

私たち夫婦も、お休みの間に2度ほど海に行き、私は2回ともクラゲにやられ散々でした。(笑)


でも、久しぶりに、ほんのちょっとの時間でしたが、海に大の字で浮かんだり、砂浜でビール飲んだり、泳いでるチャキさんをぼーーーっと眺めたり、のんびりしたひとときを過ごせました。

 

で、またチャキさんが海から、得体の知れない、でっかい生きてる貝を拾ってきて、見せてくれたり。。。(この話しもいつか♪笑)

 

 

来年は、クラゲがでる前にいって、もうちょっと、しっかり海も楽しみたいです。(よしっ、ひとつ、来年の目標が出来た♪)

 

 

はいっ

藤宝石のお仕事も、ブライダルに、リフォームにと、ひとつひとつ、仕上げて行っておりますが、ここもそろそろゴールさせなきゃですね。(笑)

 

記憶がどんどん薄れていって、もはや、痛くもかゆくも無いレベルに。。。

 

 

DSC00297.JPG

 

いやいや

そんなことはない。

 

 

 

あの日の13時間半は、これまでの人生で一番頑張った(諦めなかった)必死な一日でしたもん。

 

そうそう。。。

 

チャキさんの後ろをただただよちよちよろよろ着いていき

 

何か言われたら、返事は [はいっ!!!]

 

「走って!」と言われたら、走り、

 

「歩いて!」と言われたら、歩き、

 

「ジェル(ハイカロリーな補助食品)を入れて!」と言われたら、すかさず口に入れ、

 

「少しでもいいから、急いで!」と言われたら、必死で足掻き。。。

 

 

それはそれは、聞き分けのいい良い妻でした。

 

あんなにチャキさんの言うこと聞いたのも生まれて初めてです。(笑)

 

 

あぁーーーー

 

思い出してきました。

 

 

苦しかったこと。。。

 

頭が痛かったこと。。。

 

それでも、ただただ前に進んで行ってたことを。。。(もちろん、スピードはありません。笑)

 

 

 

あぁーーーーー

 

懐かしいなぁーーー

 

思い出したら、かるく頭痛までしてきます。(笑)

 

 

きっと来年もエントリーするんだろうなぁーーー

 

 

DSC_0249#1.JPG

天使の微笑み♡清美さんと♪

 

ちなみに、左後ろはダテちゃん!

今思えば、ダテちゃんと私たちって、常に前後してて、もし争ってたら、かなりなデッドヒートでしたって。。。(争うレベルではないけどね。。。笑)

 

清美さんの笑顔と、手渡してくださったスペシャルドリンク(コーラや美味しいお水!!!)のおかげで、私たち前後の選手たちは、ほぼゾンビから、ちょっと力を取り戻したゾンビに復活出来てます。(笑)

 

 

スタートのとき、

「(アバンダント出た所)最後のお池回りの手前で待ってるからね!絶対、絶対、待ってるからね!!!」

 

と言われた清美さん(ミック兄の奥様)が、本当に本当に待っててくださったなんて♪

 

きっと、相当暑かったと思います。影の無いところで、ずっとですもんね。

 

健さん(ミック兄)は、第二関門での私の足の具合(攣りまくり)や、そこを通過したタイムも知ってましたので、清美さんに、「きっと無理だと思うよ。」と伝えられてたそうです。(笑)

 

 

私もそう思ってました。(でも奇跡は信じるタイプです♪笑)

 

でもチャキさんは、そう思ってなかったようでして、常に時計を見ながら

 

「清美さんと約束したんだから!清美さんのところまでは、頑張って!!!アバンダント抜けるまではしっかり走って!」

 

と。


清美さんも同じ気持ちだったそうです。(絶対、帰ってくると。。。)

 

 

だから、遠くから、清美さんの声が聞こえた時は嬉しくて♪嬉しくて♪

 

 

きっとメロスもこんな気分だったんだろうなぁーーー

 

 

DSC00299.JPG

 

ここで、残り、4km弱だったかな???

 

 

お池を回って、最後の白鳥山へ。。。

 

ここまで来たら、きっとよっぽどのことが無い限りは大丈夫!!!

 

ちょっと安心して気持ちにも余裕が出てきました。

 

 

そして、白鳥山の頂上すぎた頃、何やら、聞き覚えのある声が・・・

 

「おーい!おーい!(そっちじゃない、)こっち!こっち!」

 

 

うわぁーーーーー!!!!

 

K川路さーーーん♪

 

FB_IMG_1469802913320.jpg

はい。

ラン仲間のK川路さん、今年はボランティアとしての参加でして、スタート前に、

 

「白鳥山で、待ってるからね!!!」

 

と声を掛けてくれてたんです。

 

でも、その時の私は、第一関門から自信なかったので、

 

「きっとそこまで行けないかも。。。」

 

と、弱気に応えてたんですが

 

こうして、K川路さんに会えて、K川路さんのところまで無事に辿り着けて

 

どうにかここまで来れたのかと、改めて(緊張の糸がぱっとほどけたのか)

 

 

まだゴールしてないにも関わらず、もうゴール並みに感動してしまい、抱きついてボロボロ泣いてますと、

 

「おいおい、泣くなよーーー!あと2km!頑張ってね!!!」

 

と。

 

[なにっ?あと2km。。。]

 

 

先がまだもうちょっとあることを知り、別れを惜しみつつ、チャキさんとそそくさと下りました。

 

 

そうそう

 

ここまで来てやっと♪

 

チャキさんの(急いで!とかの)指示はなくなりました。

 

 

ついに、自由です!!!(笑)

 

 

1469420797345#1.jpg

白鳥山を下りてきて、最後の記念撮影♪(二湖パノラマの展望台のところだっけ。。。)

 

 

 

そしてそして

ゴール前まで、あともうちょとーーー!!!

 

という思いで、うるうる走ってますと、前から、ハイスピードで、ミック兄☆健さんが!!!

 

 

勢いがありすぎて、私たちをそのまま通過し、また戻ってきました。(笑)

 

 

無事に帰って来れたことをとっても喜んで下さり、そして「じゃ、ゴールで待ってるね♪」

 

とまた、ハイスピードで走り過ぎて行きました。

 

チャキさんと二人、喜びながら

 

「あのスピードって、どんななってるんだろうね。(もっと疲れてたら、動物通ったって思ったかもね。)」

 

と笑いながら。。。

 

 

 

朝の景色が近づいてきます。

 

スタート地点でもあったえびのピクニック広場(=ゴール地点)まであともうちょっと!!!

 

 

もう嬉しい以外、何の感情もありません。


 

 

811-2.jpg

 

 

811.jpg

ゴールほんの手前で、ショートにエントリーしてたアサヒさんが、

 

お疲れさまーーーー!!!と、ハイタッチ♪

 

上の写真は、アサヒさんのかわいい奥様による撮影!

ありがとうございました!

この写真、大好きです。お店に飾りたいくらいです。お客様が困るか。。。(笑)

 

 

 

そして

そしてーーーー!!!

 

 

空が夕方から、夜の色に変わるちょっと前♪

 

ゴールゲートの向こうには、いつもの飲み仲間、いやいやラン仲間たちの顔が♪

 

これこそ、最高の景色でした!!!

 

 

1469400931926.jpg

チャキさんと二人で、無事にゴーーーーール♪

 

 

1469400928292.jpg

もうもうもうもう、

最高に嬉しかったです!!!

 

こんな40半ばで、

 

虫嫌い、運動嫌い、頑張るとかもっと嫌い!!!

 

とか、ほざいてた私が、お山のかけっこで

 

こんな、代え難い感動を味わえるなんて♪

 

 

それもこれも、関わる全ての皆さんのおかげでした!!!

 

お友達に、ボランティアの方々に、参加した、前後した?選手の皆さんたち、全ての方々との繋がりのおかげで、私の場合は特に!!!完走出来たんだと思います。

 

そもそも、私にトレランのセンスとか技術なんてありませんからね。

 

 

結果、ある意味、奇跡が起こった!!!

 

って、ことなのかも♪(笑)

 

関わる皆さん、ありがとーーー

 

で、今後も宜しくお願いします。(笑)

 

1469369892352.jpg

 

ゴール後に、改めて、ミック兄☆健さん&清美さんと♪

 

4人でハグハグ!!!

 

ちなみにミック兄は、先日、フランスの大会に行って、無事完走&帰国してきました。

 

そしてチャキさんに

 

「ミック弟よ!今度はフランスを一緒に走ろう♪」

 

なんて、声を掛けて下さってます。

 

 

ムリムリ。。。(笑)

 

 

DSC_0252#2.JPG

はじめてもらったロングの賞状。

 

403人もの人が、この日、えびのの山の中をかけずり回ったんですよね。。。

 

その中に自分たちもいたことが、フシギ。フシギ。。。

 

 

1469400905042.jpg

はいっ

こうして、2016年の夏も、おかげさまで楽しく、意味深く、過ごすことが出来ました。

 

大人になっても、夏を満喫できるものなんですね。

 

来年は、どうしてるかな???

 

 

いろんな経験をしつつ、吸収しながら、吐き出して♪

 

素敵な時間を作り、思い出を作り、人生を作れたらと思います。

 

もちろん、素敵なもの作りも!!!

 

そのためのoffです。

 

だからこそ、全力です。

 

またお仕事に生かしますね!

 

 

どうぞ、秋の藤宝石(onもoffにも。。。笑)ご期待下さい♪

 

 

それでは今日はこのへんで!

4th霧島えびの高原エクストリームトレイル Vol.4

1469778737774.jpg

みなさまおつかれさまです。

 

昨日は山の日でしたね。

藤宝石、今年はお仕事でしたが、来年からは、せっかく国が作って下さった休日ですし、それに習って、登山にでも行こうかな・・・

 

 

ということで、前回の続きを♪(笑)

 

はやくまとめなければ、記憶が(それも苦しかった方の大切な記憶が!)薄らいでいってますし

 

同じ間違いを犯しかねない。。。(笑)

 

 

 

はいっ

チャキさんの[急いで!!]コールのおかげで、どうにか第二関門の37.1kmまで時間内に通過出来ました。

 

第二関門は、スタート地点でもあったえびのピクニック広場に一旦戻ってくるコースどりでして

 

どうにかたどり着けたのはいいものの、関門入りした瞬間(安心したからかな?)

 

 

足があちこち攣りまくって、一人で大騒ぎでした。

 

 

スタート前に

 

「必ず待ってるから♪」

 

 

と見送ってくれた、ミック兄☆健さん(今回は医療ボランティア)が、騒いでる私に気付き、経口補水液とスイカを持って、急いで走り寄り、攣ってる私の足を、まず触っていいかと確認を取り、[いくらでも触って下さい!お願いします。と逆に頼み込み。。。(笑)]角度をつけて引っ張るような???処置をして下さいました。

 

 

しばらく、それを繰り返したおかげで、なんとか攣りはおさまりました。

 

 

「絶対大丈夫!時間はまだあるから!

 

ゆっくり休んで出発して!!!彼女(←健さんの奥さん)も、最後のお池回りの手前で待ってるからね♪頑張って!」

 

 

と、またしてもカッコ良く見送ってくれました。

 

 

後から聞いた話しですが、このとき健さんは、[次の関門、きっと間に合わないかも。。。]って思ってたらしいです。(笑)

 

私だって思ってましたもん♪

 

 

でも、止められるまでは走るんです。


権利がそこにあるのなら。。。(笑)

 

 

そして、転がってるじろちゃんに声を掛けます。

 

 

はいっ!

第二関門から第三関門への私の大切な助っ人♪

 

今回、チャキさんはもちろんのことですが、ここの繋ぎに彼がいたから

 

私はリラックスしながら、第三関門まで移動出来たんだと思います。

 

 


1469420793025.jpg

はい。

疲れたじろちゃんは、私の一番のお友達!!!


 

人が苦しいときに、踏ん張るには、

 

自分と同じくらい、

 

もしくはそれ以上に苦しがってる人の存在です。(特に私の場合♪笑)

 

 

じろちゃんは、ここにくるまで結構なスピードで進んでたらしく、

 

練習不足ということもあって、第二関門で出し切るつもり(ここでリタイアするつもり)で

走ってきたらしいです。

 

そこに、幸か不幸か???私たちがギリギリセーフでなだれ込んできて。。。

 

 

まさに運命共同体ですね。(笑)

 


そして、みなで仲良くアバンダントへ向います♪

 

 

トコトコとした足取りで。。。

 

まるでハイキング♪

 

 

DSC00298.JPG

 

[アバンダント郷土の森]

 

アバンダントとは、豊かなとか、有り余る、豊富な、といった意味でして、その名の通り、数多くの巨大な木々が深い森の中にでんと構え、時には横たわり、迎えてくれます。

 

ハイキングコースにもなってますし、ゆっくり眺めながら歩くのも楽しそうですよ。

 

 

このアバンダントをずっと下って行き、その後林道をひたすら進み13km弱

 

50.5km地点白鳥温泉下湯が次の第三関門です。

 

 

この下りが容赦なくて、トレラン慣れした人でしたら、リズムよく跳ねるようにトントン下りて行くんですが

 

50cm以上の段差は怖じ気づく私にはそんな技術も度胸も無く

 

ひとつひとつの段差をよいしょ、よいしょと、腰を下げ、手を着き、こんなときに必要ないのに、お上品な仕草が出てしまい、進んで行きます。

 

 

以前フェイスブックで私の動画をアップしたら、それを見た友人に上野動物園のパンダのようで癒される(笑)と、好評価?いただいたこともあります。(嬉しくないぞ!笑)

 

 

はい。

そんなリズムなんで、私は下りながらも、次の関門はおそらく無理だろうなと考えてました。

 

 

それを知ってか知らずか、前の二人(チャキさんとじろちゃん)は、しきりに

 

キロ15分で行けばとか、

 

14だったら?あぁーーギリギリかぁーーーキツいなーーー(カエちゃん、急いで!!!)

 

と、数(時間)の話しをしておりました。

 

 

私もガーミン(ランニング用の高性能の時計)は着けて入るのですが、ほぼブレス(私を飾る装飾品)のようなものですので、しかも疲労時には時間の計算なんて、難しすぎてお手上げです。

 

 

ノロノロのつもりは無いのですが、結果そうみたいなので、(失敬。。。)

 

 

先頭を行くチャキさんと徐々に差がついていき、

 

「お願いだから、5秒でも、10秒でもいいから急いで!!!」と、注意を受け、

 

 

その後ろを行くじろちゃんは、(足が痛いながらもトレイル箇所は元気でしたので、)所々で待ってくれ、ニヤニヤしながら私に

 

 

「間に合うと思ってる???ていうか、間に合わせる気がある???(笑)」

 

なんて、かるく挑発?してくれました。

 

 

ふふふ、、、

どうもないよ。

 

私は、これでも精一杯なんだから。。。

 

1469420786629.jpg

↑この写真、場所ちがいますが、とりあえず挿絵として♪(笑)

 

 

ここの下りは、速い選手と、すれ違える場所でもありまして、数人の高速選手と会えたのはうれしかったです。

 

女性で一番のひろみさんや、ゲストランナーの舞ちゃんにも会えましたし、鹿児島チームのトップランナーたち、貫ちゃん、潟さん、本村さん、昇さんにサトチさんにも、「がんばってね!!!」と、声かけてもらえました。

 

みんな、私たち間に合わない(ゴールは厳しいかも)って思ってたそうです。(笑)

 

 

私も思ってました。

 

 

しばらく下り終わると、やっと林道に。。。

 

 

ずっと上りや下りの繰り返しでしたので、林道(平らな道)が嬉しくて、嬉しくて、急に元気が出てきました。

 

このあとまたトレイル区間があって、そこで二人を待たせることになるから、走れる所では走ろう。と、先を行きました。

 

 

じろちゃんが、確か

 

「出たっ!!!(=調子が出た瞬間、調子に乗るやつ!)」

 

って、言ったような気がします。(笑)

 

 

この大会のコースで、ここの林道区間が唯一気持ちよく走れた場所でした。

 

そんな時間があってよかった。(笑)

 

 

前を行く男の人たちも、トレイル箇所で足を使いすぎたのか、胃腸が具合悪くなったのか、熱中症になってしまったのか、

あまり走ってる人はいませんでした。

 

 

やっぱり、エクストリームは、過酷ですね。

 

 

トレイル箇所で足を使っていない(使えてない)私は、おかげさまで気持ちよくラン♪

やっぱり、私は、ロードだけでよいのかな。。。林道だけの大会を探そうかな!(笑)

 

 

そして、ラストの粘りが効いたのか、どうにか第三関門も、クリアでーす!!!

 

 

ばんざーーーーい!!!

 

 

ここまで来れるとは思ってなかった。

 

 

本気で本気で嬉しかったです。

 

 

カメラマンの方も、その前の関門で私が悶えまくってるのを知っていたので、私がここまで来れたことを喜んで(笑って???)くれました。

 

 

お約束のダテちゃんもいましたよ。

 

 

私のすぐ後チャキさんも、そしてじろちゃんは林道でいよいよ足に来たのか、どうにか関門はクリアできたのですが、もうここでいい!(十分!リタイアする)と。

 

さすがに、これ以上は引っ張れませんでした。(笑)

 

 

そして、最後の関門!!!63kmまであと13km!!!

 

 

ゴールへと、ひたすら上りまーーーす♪

 

 

※次で終わらせますからね。。。。→☆vol.5☆

 

これでもかなり掻い摘んでるんですが、時間が長くかかってる分、(13時間半分の)思い出がいっぱいでして♪(笑)

 

 

4th霧島えびの高原エクストリームトレイル Vol.3

みなさまお疲れさまです。

 

昨日今日と藤宝石、週末ということもありまして、ニューオーダー入りましたよ!

 

ありがたいですね。

 

神様からのご褒美かな???

 

って、お客様のオーダーと私たちのゴールは全く関係ありませんね。

 

 

関係あったら、もっと頑張る!!!

 

 

ということで。。。(笑)

 

さっそく、先日の続き、日本一の枕木階段を上った後からいきますね♪

 

 

1469420780358.jpg

栗野岳登山入口

 

入りまーーーす!!!

 

 

 

懐かしーーーーぃ!!!

 

 

2年前のことがチラチラと頭によぎりながら、はやく現場(←間違えた場所)に行きたくて、キツいながらも、足早に進んで行きました。

 


1469420782598.jpg

ここでーーーす!!!

 

私が間違えた場所♪

 

ホントは、ここで右に上って行かなくてはならない箇所を、勢いで?左に降りてしまい、そこからは、もう訳も分からず四方八方。

 

 

あの時は、コワかったですよーーー!!!

 

はじめは、山の中を一人で走り回ってることに喜びを感じ、(←この時はロストしてるとは思ってないので)

 

 

え?[栗野岳]貸し切り???

 

 

ぜいたくーーーー♪

 

なんて、浮かれて走ってました。

 

 

↑2年前のリベンジラン(大会3日後に現場検証に行った際)の写真

 

 

でも、しばらくもしないうちにちょっと滑って手をついて、、、(尻も着いて。。。笑)

 

 

あれっ?

もし、今私転んで頭とか打ったら、誰も助けてくれる人いないよね。

 

 

 

なんて思いはじめたら、いろんな不安が出てきて

 

蜂が来たらどうしよう、ヘビが出たらどうしよう、

 

 

にしても、どうして、後続の人が来ないんだろ。。。

 

さっき、別れたおじちゃんは???(迷ってるのかな?大丈夫かな??)

 

 

 

 

って、実際は私が迷ってたんです。

 

 

なんて、ミステリーーー!!!

 

 

 

と、そんなこんなな2年前。(笑)

 

 

ようやく、あの日から先に進めます!!!

 

 

頑張るぞーーー♪

 

 

1469778734678.jpg

ちなみに、左でモーーンしてるのは、ダテちゃん。きついよね。(笑)

 

 

そして、ここからも延々上り!!!

 

いつもなら、先を行っているはずのしのぶさんが、今回は私たちの後ろに(いるはず。)

 

枕木階段のところではすぐ後ろにいたんですが、この時点では姿も見えなくなってました。

 

 

「顔色悪かったし、大丈夫かな???」

 

と、ダテちゃんと心配しつつ、先を進みます。

 

 

 

しばらくして突然、チャキさんが、下に向って

 

「しーのーーぶーさーーーーーん!!!」

 

と。

 

それは、昔のアイドルの親衛隊のような???太い低い声での呼びかけで、しのぶさんに声援を。

 

 

この声届いてたとしたら、ちょっと恥ずかしいだろうな。。。

 

なんて思いつつ、私も「がんばれーーーー!!!」と。

 

 

 

DSC00296.JPG

(この写真は、栗野だけじゃないかも???どこだろ。。。)

 

 

その後、やっと追いついてきたしのぶさんは、かなり汗もかいてて、呼吸も荒く、かなりキツそうでした。

 

私はいつでもキツいんですが、そのキツさとは見るからに違った感じでして、

 

 

しのぶさんは、8月にUTMB(ヨーロッパの大会)、9月にUTMT(富士山のまわり一周するやつ♪)も控えてまして(すごいですよね。私の飲み友達。どんどんスケールアップしてくるし!!!笑)

 

 

ここに来るまでにも結構なトレーニングを積んできてたので、その疲れも貯まってたんじゃ???

 

などと、栗野岳の上り(急登でした。あそこ、今思えば。。。笑)で話し合い、

 

 

このまま続けるか、

大事を取ってリタイアするか。

 

 

 

涙目で地図を見ながら、考えてるしのぶさんをチャキさんとダテちゃんと私で見守りました。

 

 

そして、

 

「今回はリタイアします。(残念だけど。。。)」

 

 

と、決断したしのぶさんの言葉を聞いて、私たちは3人で静かにうなずき、

 

 

「分かった。下りも気をつけてね。じゃ、私たちは行くね。(しのぶさんの分まで頑張るね!!!)」

 

と、お互い涙目のまま、深く息をし(呼吸を整え)別れました。

 

 

しのぶさんのリタイア宣言は、かなり応え、(自分たちにとってもショックで)しばらく3人とも無言のまま、上り続けてますと。。。

 

 

 

 

あれっ。。。

 

 

下から、またしのぶさんが上ってきました。

 

 

はい。

(大会サイドとのやり取りで、オトナの事情もありながら????笑)

あれこれしてるうちに、体が奇跡の復活を♪(笑)

 

 

表情はまだ戻ってませんでしたが、足取りはさっきよりも、軽やかで、

 

これなら行けるんじゃ。(って、行くしかないんですけどね。笑)と。

 

 

私は喜んで道を譲り、しのぶさんを見送りました。

 

それはそれは、軽い足取りで、さっきのあれはなんだったんだろ???というくらい、ひょいひょい下って行きました。

 

 

よかった。よかった。

 

 

そしてダテちゃんも、下りは攻め攻め弾丸ボーイなんで先に行ってもらい、私はマイペースな能の足取りで下りて行きます。

 

 

よかった。よかった。

 

DSC00295.JPG

 

しばらく、ヨチヨチ進んでますと、

 

チャキさんに、「体とか足とか、キツくない???」と、聞かれ、 「大丈夫だよ!」と、応えると、

 

 

「だったら、急いで。(時間がないから!!!)」

 

と。(笑)

 

 

この日、何度チャキさんの口から、「時間がない。急いで!」という言葉を聞いたことか。。。

 

 

ま、そのおかげで、(チャキさんの諦めない精神のおかげで???)ゴールできたんですけどね♪

 

 

でも、第一関門以上に、第二関門(37.1km)への滑り込みはキツかったです。(結果関門13分前。コワい!コワい!)

 

 

えびの岳があんなに時間がかかるなんて!!!

 

 

もう、いつ攣ってもおかしくないという状態で、関門前のえびの岳、歩き走り続けましたんで、(ここ詰めてないと完全にアウトでした!!!)

 

案の定、無事に滑り込めた瞬間に、両足が攣りました!!!

 

 

足首に、ふくらはぎに、股関節に、もうあちこち!フィーバーとはこのことかというくらい!!!

 

 

それは見事に攣って、攣って、私は大人げなく悶えまくって、面白がってカメラマンの方まで寄ってきて下さって(笑)

ここで、医療ボランティアの健さん登場です。

 

 

やぁーーー

健さん、最高にカッコ良かったです。

 

悶え転がる私の両手に、とりあえずスイカを持たせてくれました。

 

 

ダテちゃん曰く、「まさに夏休みの絵!」だと。(笑)

 

 

続きはまた次回!

 

 

 

そしていよいよ第三関門の白鳥温泉下湯まで♪

 

(ダメ元で)アバンダントを下りまーす。

 

そして、お供はじろちゃんでーす!!!(笑)

 

☆vol.4☆

 

1469420790767.jpg

 

4th霧島えびの高原エクストリームトレイル Vol.2

みなさま、お疲れさまです。

 

昨日より、先日の研修内容をまとめさせていただいてます。

 

ほんの一部の(笑)興味のある方はぜひお付き合い下さいませ。

 

 

DSC_0234.JPG

はいっ

スタート前のいつものメンバー♪

 

(奥から)じろちゃんに、アキちゃんに、チャキさん。

 

みんな、いい顔してますね!

 

じろちゃんにアキちゃんは、去年もロングで、あの悪天候の中をしっかり時間内に完走してましたので、それなりに自信はあったんじゃ?

 

あ、でも、じろちゃんは、

 

「今年は、全然長距離走ってないから、足が最後まで持たないかも。」

 

って言ってたんでした。

 

 

で、実際、その通りでした。

 

でも頑張った!(というか、頑張ってもらった。笑)

 

じろちゃん。今年もありがとう。(笑)

 

 

 

1469420762944.jpg

走り始めて、3kmほどはアスファルトの道を走ります。

 

奥の煙は、温泉の硫黄泉の煙です。吸いすぎた人がコロコロ倒れてました。うそです。(笑)

 

 

そして、魔の登山古道へ。

 

1469778725869.jpg

私は、トレラン自体は好きなのですが、山道の足運びが下手くそ極まりなく、(元々が、運動神経なんて、ほぼない状態からはじめてますので)まわりの皆さんのように、軽やかなステップで降りていけず、どうかしたら、能の舞台のような足運びに。。。

 

でも、皆さんに迷惑かけないように、ちゃんと大会前に現地に下見にも行き、チャキさんの後ろを着いていきながら、よちよちと小走りの練習はしたはずだったんですけどね。。。

 

 

やぁーーー

レベルが違いすぎました。

 

皆さん、速い!速い!ぶっ飛ばしますもんね。

 

コワくないのかな???

 

1469420764704.jpg

 

 

 

1469420767015.jpg

 

周りにとってはグズグズでも、私にとっては、全神経を集中させた最速の足運び(のつもり)でしたんで、最初のトレイル箇所を無事通過出来たときには、ほっと一安心でした。

もう、お風呂に入って帰りたいくらい、やりきりました。

 

 

これで、どうにか、第一関門には間に合うかも!

 

 

そして、続く日添林道へ。

 

で、ホッとしたのもつかの間。。。

 

1469778731427.jpg

ここも延々、アップダウンの繰り返しで、キツかったですよーーー!!!

 

私にスピードはないので、とにかく、動き続けなくてはならず、常に歩き走りを繰り返します。

 

 

正確には、チャキさんのスピードに合わせて、見失わない程度の間隔で、後を追います。

 

(チャキさんは待ってくれないので、自力でつめるしかありません。)

 

 

日差しがちょっとずつ強くなってきてましたが、まだまだこれから。。。(笑)

 

 

 

1469420770412.jpg

今回の目印テープは、黄色でした。

 

このテープを辿って、みんな先に進んで行きます。
 

今回は、私にもほぼ見つけることが出来ましたし、手に届く箇所にあった場合は、出来るだけ、テープにタッチしながら進んで行きました。(意味は無いんですが、自分のテンションをあげるため???笑)

 

 

1469778733211.jpg

そうじゃなきゃ

 

ただきつい、苦しい

 

何やってるんだろ、私。。。

 

何やってるんだろ、私。。。

 

何やってるんだろ、私。。。

 

って、なりますからね。。。(笑)

 

 

 

 

DSC_0240.JPG

そして、どうにか第一関門の栗野岳ピクニック広場27km地点に到着ーーー!!!

 

 

関門30分前でしたが、ここである程度貯金作っとかないと、次の関門が危ないですからね。。。

 

って、実際この時点で危なかったんですが。。。(笑)

 

 

ここで、ダテちゃんと、まさかの、しのぶさんと合流♪

 

しのぶさんは、ここにくるまでに、ロストしたり、ハンガーノックになったりで、絶不調とのこと。

 

いつもならもっと先に行ってるはずなのに。。。顔色も表情もちょっと心配な感じでした。

 

ダテちゃんと私たちは、ま、こんなとこでしょう。(笑)

 

 

そして、次は、第二関門(えびのピクニック広場)を目指し、出発でーーす!!!

 

 

1469420776499.jpg

日本一の枕木階段を上り、栗野岳へ。

 

栗野岳。。。

 

私が一昨年、ロストした場所!!!絶対、ここは通過してみせる!!!(笑)

 

 

がんばるぞーー!!!

 

(正確には、頑張ったぞーーー!!!笑)

 

1469420772654.jpg

うしろに見えるしのぶさんがなんとも切ない。(この時は。。。笑)

 

 

はいっ

続きはまた次回♪→☆vol.3☆

 

 

4th霧島えびの高原エクストリームトレイル Vol.1

DSC_0236.JPG

みなさま、おつかれさまです♪

 

ご覧の通り、今日はお久しぶりのプライベートネタを。。。(笑)

 

いやいや、先日の2日間の研修内容をまとめたいと思います。

 

お仕事ネタは、Facebookやインスタグラムでアップしてますので、ぜひぜひチェックして下さいね♪

 

 

DSC00297.JPG

はいっ

今年も、行って参りました!!!

一年で一番の肝試し♪(笑)

 

霧島えびの高原エクストリームトレイル

 

しかも、今回はロング63kmに挑戦です。

 

去年は、張り切って練習してたのですが、大会直前に、チャキさんのお父様が亡くなってしまい、結果、DNS。

 

DNS=Do Not Start

 

スタート(参加)しなかったって意味です。ちなみに、DNFって言うのもあって、こちらは Do Not Finish スタートしたけどゴール出来なかった て、意味なんだとか。カッコいいですね。専門用語は♪(笑)

 

 

ちなみに一昨年の私は、栗野岳でロスト。

(道に迷い、掃除機のルンバのように、一人で山の中を四方八方、無駄に、それでも必死にかけずり回り、タイムオーバーでアウトでした。)

 

はい。

そんな経緯もありましたので、(2浪した気分って言うんでしょうか?)

 

今年こそはエクストリームのゴールを潜りたく。。。

 

ただそんな思いとは裏腹に、自信が持てるほどの練習量もなく、必然、足も体力も足りておらず、あるのはハート、思いだけ♪

 

あ、あと

 

何色のウェアが速く?強く?見えるかな。。

 

なんて♪

 

やっぱり女の子ですね。(て、44ですけど、大会では、男子と女子だし♪笑)

 

 

なので63kmもの距離を、各関門通り抜け、ゴール14時間以内に帰ってくる自信は全くありませんでした。

 

カルく計算したとき、(や、かるくじゃないです。チャキさんが細かく、私の上り、下り、平坦箇所のタイムを計算してました。職人さんは細かいのう。。。)

 

結果、第一関門から危なそうでした。(笑)

 

 

でも、求めるんですよね。私。

 

 

欲しがる子なんで。。。(笑)

 

 

好きな言葉は

 

高望み


 

もちろん、軸にあるのは、ケセラケラですけど

 

 

奇跡、起きないかなぁーーーーなんて♪

 

 

胃薬飲みながら、、、(体は正直。。。笑)


 

 

DSC_0229.JPG

スタート前

 

私たちの憧れのご夫婦、健さん&清美さんにお会いできて、かなり嬉しかったです!!!

 

お二人とは、4月に阿蘇であったプレイベントART100km(ASO ROUND TRAIL)でチャキさんが知り合い、その打ち上げで、私もご挨拶させてもらいました。

 

とにかく、素敵で楽しいご夫婦で♪

 

健さんとチャキさんがどこか似た雰囲気で、どちらもミックジャガーに似てる?ってのもあって(笑)互いに、ミック兄、ミック弟と呼び合う仲に♪

 

なかなかない出会い&関係ですよね。(笑)

 

 

健さんは、今回医療ボランティアとして参加とのことでした。

清美さんは、健さんのボランティアだとか♪(笑)

 

 

この写真の時は、ただ浮かれてて、このあと何が起こるかなんて思いもしませんが、

今回の大会、私たち、お二人がいなかったら、きっとゴール出来てなかったかも。。。

 

 

そのくらいお二人のおかげで、最後まで、足も、気持ちも、切れずにゴールまで行くことが出来ました!

 

お二人だけでなく、ボランティアスタッフの皆さんやお友達、ホントに関わる皆さんのおかげでした。

 

 

と、〆るのは、まだはやいですね。

 

 

先ずは、スタートから!!!

 

 

DSC00290.JPG

えびのエクストリームトレイルロング63kmの部

 

朝5時

皆で声を合わせ、カウントダウン

 

そして、えびの高原ピクニック広場を、一斉にスタートでーす。

 

先ずは27km先の第一関門、栗野岳レクレーション村まで!

 

(制限時間は、朝の9時半、4時間半後です。)

 

 

みんな、がんばれーーーー!!!

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

 

前夜祭。。。

 

1469420748200.jpg

いつもの鹿児島メンバーと、がっつり食べてるのは、泣く子も黙る?(笑)九爆女のメレちゃん♪

 

いつでもどこでも速いんです。

数年前、熊本のてれっとの上野先生の企画で、一緒に鹿児島→人吉同行させてもらったんですが、その時も、一人で、先頭ぶっ飛ばしてましたからね。夜中、暗闇で足を踏み外して側溝に転がっても元気でした。(笑)

 

で、今回も速かった!!!

 

さっすがーーー♪

 

 

1469420735370.jpg

そして、こちらも♪

トレイルの女王ひろみさん。


 

こんな可愛いのに、相当速い!!!

&カッコいいんですよーーー♪

 

羨ましいなぁーーー

 

今回も女子で一位!

 

すごいですよね♪

 

あっ

私、今回女子でビリだから、まさかの2ショットだ!!!嬉しいな♪(笑)

 

 

1469420755628.jpg

ゲストランナーの福島舞ちゃんと♪

こんなに可愛いのに、元自衛官!そして今はプロのトレイルランナー♪

 

笑顔も最高に可愛かったです。

 

当日、前を走ってた男の子たちが、舞ちゃんとどうにか絡みたいけど、相当あげないと(とばさないと)無理だよね。

 

なんて話しをしてたのが面白かったです。

 

 

みんな、それぞれの思いで走るんですね♪

 

あ、ポケモンgoしてた人もいたんだとか。。。ホントかな???(笑)

 

 

 

 

 

DSC_0227.JPG

☆KTJP(霧島トレイル自炊部)隊長☆

 

我らがKURAちゃんの後ろ姿♪

と、お手製のTシャツ。(笑)

 

今回の自炊部テントも、かなりなフィーバーだったらしいです。

 

私たちは、前夜祭の後、見つからないように(笑)こっそり宿に帰りました。

 

自炊部に顔出したら、(絶対楽しいのは分かりますが)

 

スタート前から飛ばしすぎて、大会前に使い果たしますからね。

 

結果、ゴール出来ないのが見えてますもん。

 

ここ数年の経験で学びました。

 

オトナになったな。。。(笑)

 

 

それでは続きはまた次回!!!→☆vol.2☆

 

鹿児島マラソン2016

みなさまおつかれさまです♪

上はできたてホヤホヤのネックレス。

もちろん、メモリアルです。

詳細はまた後日♪
(お渡ししてから。。。)




鹿児島マラソンの写真、まとめました!

スタートもゴールもない、ただの寄せ集めといえばそれまでですが。。。(笑)


今回は、(大会走ってはいないので)脇からの応援ではありましたが、


ランナーさんたちの一生懸命な姿に、いっぱいの感動と元気もらえました♪


出走された皆さん

おつかれさまでした。

ホントにホントに、おつかれさまでした。


以外と平坦じゃなかったみたいですね。。。

やっぱり何事も経験してみなきゃ分かんないですね。

斜めってる道路走るのってどんな感じなんだろ。。。一部では、菜の花よりもキツかったという声も!!!


来年が楽しみでなりません(笑)


はいっ
それでは、お時間のある方限定ではありますが、10分弱♪

(長いですが、鹿児島のランナーさんたちだったら、知ってる顔いっぱい出てきますんで♪笑)

ぜひお付き合い下さいませ。



↓ ↓ ↓ ↓ ↓


 
続きを読む >>
第35回いぶすき菜の花マラソン大会

みなさまお久しぶりのおつかれさまです。

鹿児島、先週は大雪で大変でしたって♪

うちのビルの水道管も破裂してしまい3階から大放水!!!
それはそれは見事な水芸のようでした。(笑い事じゃ有りませんね。。。)


幸いなことに、放水先は隣のお家を飛び越えて2軒先の駐車場でしたので、近所の方に協力頂いたりで、更なる被害は食い止められたのですが、その後、給水ポンプも作動しなくなったりで丸2日間、お仕事ストップのままでした。

手元が仕上がった後でよかったです。

そう
手元と言えば、またまたゴージャスで素敵な指輪、おつくりさせていただいたんですよ!

こちらの話しもしたいのですが、まずは菜の花の報告を♪


はい。
時間軸に従って。(笑)

でも思い返すにはちょっと時間が経ちすぎたかな。。。

まだひと月経ってないのに、もう遠い遠い昔のような感覚です。あの頃は若かった。。。(笑)



やぁーー
今回の菜の花もすごかったですよ。

お天気は程よく涼しく暑過ぎず、走るには最高だったのですが、

こんなにきついのは久しぶりでした。(て、毎年言ってますが。。。笑)


今年は特にでした。

もちろん、練習不足も手伝ってのことですが、気持ちよかったのは、最初の2kmくらい???

そう考えたら残り40kmの距離を、苦しみ、藻掻きながら走ってたことになるんですね。。。

打ち上げのビールが美味しいはずです。(笑)




こちら、スタート前♪

懐かしいなぁーーーー
小学生の頃の写真見てるくらいです。(笑)


写真は、あきちゃん、しのぶさんに、嫌がるじろちゃん。
そしてバカ夫婦(私たち♪笑)

今回は、去年の菜の花でお友達になった福岡チームのてっちゃん&ユーミーも一緒でした。(ユーミーって、初めて言った。ユーミンて感じじゃないしな。ユーモー?ユーモン?まぁ、いいや。。。笑)


ここ数年、愚図な私はスタート前のトイレの行列でもたつき、みんなと離ればなれになってしまい結果一人で孤独なスタートでした。

今回はチャキさんチェックも入りながら、(常に居場所を確認されつつ。。。笑)おかげで皆で仲良くスムーズに、スタート地点に着けました。


知った顔のお友達に囲まれてはじめは心強かったのですが、しっかり前後左右と見渡していきますと、かなりハイレベルな面々が。。。

しまった。欲張りすぎた!


はい、
スタート前の緊張よりも、場違いなスタートラインに立ってしまったことに対する緊張の方が大きかったです。
(いやっ!目指す気持ちで申告はしてたんですけどね。。。)


去年の菜の花が4時間8分でしたので、

絶対!!!サブ4!!!

と気合い入れて、秋くらいまでは練習していたのですが、菜の花が近づくにつれ、(途中一回、故障しかけもあったりで)

やっぱりムリかもな、、、

なんて思いながらでした。

それでも、密かな期待はしましたけどね♪(お墓に手を合わせる時も祈りましたし。笑)

42ラップ、
全て諦めなければ。。。
少しずつ少しずつ(1秒でも2秒でも)タイムをやりくりしながら頂戴していけば。。。

夢のような奇跡の足し算が出来るのではと!


スタートちょっと前。
走れないくせに足だけ立派な私。。。(笑)

しのぶさんは、今回は鬼太郎で♪
(かわいいのぅ。。。目玉親父もちゃんといるよ!私も首にヘビでも巻いとけばよかった!)



サブ4(4時間以内でゴール)するには、1km5分40秒で走り続けなければなりません。

5kmを28分

10kmを56分

15kmを1時間24分

と、足していけばいいのですが、後半は疲れてろくに計算出来なくなりますので、(元々数字弱いですし。。。)
前もって、小さな紙に時間表を作りポケットの中に入れてました。

それが!

その大切な虎の巻を!!

事もあろうか!!!

飴を取るついでに、ぽろっと落としてしまい、あわてて拾いに戻り、数秒のタイムロス。。。

私の大切な数秒がーーーー!!!

この日、命の次に大切な数秒がーーー!!!

時間もそうだし、距離も数歩後帰ってしまって増えてるし!(←細かいっ。。。笑)

結果ダブルのロス!!!


なんて恐ろしいものを持ってきてしまったんだ!!!

と、今ここに書けば紙落としただけのことなんですが、この時は一人でかなり動揺してしまい、その後は一度もそのメモを取り出す(=見る)ことは無かったです。二度と見るもんか!なんて思ってましたから。。。来年は油性ペンで手に書こう!!!


その後も、5分40秒のことだけを考え、(あんまり考えると脳が無駄に疲労するらしいので極力無心を心がけつつ)

途中、知り合いの人を見かけたり、声をかけられたりで、瞬間瞬間は元気になるんですが、すぐに苦しみに戻り、20数キロまでどうにか5分40秒ペースで経過。。。


上りで40秒から少しはみ出たら

下りで、そのはみ出た分を取り返し、ムニムニしながら進んでますと、

後ろから、ハーフの男☆岩やんが♪

はい。
ハーフの距離までは速い友人です。スピードは持ってるぽいので、きっと根性が足りないんでしょう。(笑)

でも今回の岩ヤンは違いました。


うつむき気味に走っていた私に、

「かえさん♪」

と、近づいてきて、余裕の表情で

「サブ4!行きましょうよーーー♪」

と、爽やかな笑顔を見せ、軽やかな足取りで前に進んでいきました。


「あぁーー岩ヤン。。。
今年の岩ヤンは、もうハーフの男じゃないんだね。

成長したんだね。岩ヤン!私はもう着いていけないよ。私の分まで頑張ってね!」


と、思っている間に、岩ヤンの背中はすぐに見えなくなりました。


と、今思えば、そのときはまだ半分も来てなかった。

後半に続く。。。(笑)



菜の花マラソンの場合は、時間ごとにペーサーと呼ばれるその時間ぴったりでゴールする、頭に風船を着けたランナーさんが走ってくれます。

サブ〇〇を目指す人は、そのペーサーに着いていくのもひとつですよね。

私の場合、そのペーサーさん率いる(サブ4目指す人たち)集団のちょっと手前におりまして、(つまらんプライドが。。。笑)

ずっとずっと、ただ吸収されないようにと、必死で逃げておりました。

ペーサーさんは、指導者?先生?ですので、坂道に差し掛かりますと

「はーーいっ♪大きく腕をふりましょーーーう!」

とか、上りきると

「深く深呼吸をして息を整えましょーーーう♪」

などと、その都度、的確なアドバイスをしてくれてました。


サブ4(目指す)集団は、その声かけに

「はーーい!!!」

と、毎回声を合わせお返事し、まるでエリート校の生徒たちのようでした。

私も、はじめからそっちにつけばよかった。。。

なんて思いながらも、

みんなの

「はーーーい!!!」
が、近づいてくると、ダッシュで逃げきり、ある程度差をつけ、息を整え、その繰り返しでした。

がついに、27km地点でその集団に飲み込まれ。。。


あーーーーぁ。。。




あーーーーぁ。。。
もうダメだ。。。


ちょうど、私の苦手な上りが何カ所か続いていた場所で、もう力を出し切り、これ以上はムリ。。。という所で、簡単に吸収されてしまいました。

ので、一気に気持ちも落ちてしまい。。。


あーーーーぁ。。。
もうダメだ。。。


が、もうダメだった。。。(今年の菜の花は、ここで終わった。。。)


となってしまい、戦闘モードも一気に萎えて、ただそうは言っても、ここ数年の練習のおかげで、幸か不幸か、スピードは落ちても大会中に歩くという選択肢はなくなってますので、そのまま中途半端な苦しみを味わい続けながら進んでおりました。


すると、30km手前の一本道のところで、キラキラと輝くものが♪


はい。
2年前のブライダルのお客様で今はお友達になったFさんの笑顔が♪

指宿出身の彼は、スタート地点でも家族で応援してくれてたんですが、この気持ち的にも体力的にも一番苦しい所で、またまたスタンバイしてくれてて♪


今回、ここで彼に会えなければ、後半粘れなかったと思います。


彼から受け取ったゼリーを速攻飲み干し、彼の顔を見れたことが♪

こんなふとしたきっかけで出会ったおじちゃんおばちゃんを一生懸命応援してくれてることが、涙が出るほど嬉しくなって、その応援にしっかり応えられるように最後まで頑張らなきゃ!

と思い直し、再度、気合いを入れて戦闘モードに。。。(笑)



そう♪
その前後で、さっき、声を掛けてくれた岩ヤンにも追いつきました。

先ほどのキラキラしてた岩ヤンの面影は全くなく、肩を落とし、ただヨチヨチと進んでました。

背中に[敗者]と書いてあるかのような落ち込み具合でした。(笑)

「岩ヤン!」
とだけ声を掛け、そのまま抜き去り、先を急ぎました。


山川港を淡々と進み、最後の坂まであとちょっと。。。


坂道手前でも、人ごみの中から、聞こえる「カエさん♪」という声の先に、まっちゃん(お友達)を見つけ、感極まり!!!

彼とも何年か前一緒に練習したことあったよなーーー!!!

なんて思うと、もう涙が溢れそうになり、

「まっちゃん!まっちゃん!まっちゃーーーーん!!!」

と、小さな声に出しながら、進みました。(ここら辺に来ると、もう箸が転がっても涙するかと。。。笑)


サブ4集団はどこにいるのか分かりませんが、
ちょっとでもタイムを縮めて、去年のタイムよりは速くゴール出来れば!!!



いつも(ここ数年)の菜の花では、残りの2km〜1キロ、おばちゃんのど根性で持ってる力を出し切るので、結果ラスト2kmのラップがいつも一番速くなるのですが、今回は、それが叶わず。。。

ラストを見据え、

「よしっ!」

と踏ん張り、前横の人を抜こうと踏み込んだ瞬間に、両アキレス腱からふくらはぎがパンとなったので、すぐにスピードを戻しました。

ラストごぼう抜き

一人目で、未遂におわる。。。(笑)


横の人は、抜かされると思ったのに、抜かされなかったからか、勢いがついたらしく、そのまま先に行きました。

よかったね!
数秒縮められたのは、私のおかげかもよ。。。(笑)


これ以上あげたら、攣りそうな気がしましたので、そのままのスピードでトラックに戻ります。

だいぶ手前から、チャキさんが私を見つけ

「カエちゃん!カエちゃん!!」

騒いでます。

いつもなら期待に応え全力で飛ばすのですが、今回はムリ。。。

でもがんばりました。

この日、出せる力は出し切ったかと。。。


菜の花(のコース)
私、相性いいのかも♪



結果は、4時間2分8秒。

(笑)


サブ4は簡単ではありませんが、でもでもこんな運動音痴な私でも、あともうちょっとで手が届く所まできましたよ。


チャキさんは、年始に思いっきり風邪を引いてしまい、記録更新ならず。。。

3時間39分♪

サブ3.5も簡単じゃないよね!!!

私からしたら、相当速いんですけど。(周りから過度な期待をされ、それが発揮出来ないパターンです。お互い、来年こそ、結果出そうね♪笑)



と、ながながとお店のブログにまとめさせて頂きましたが、全ては私の思い出のために。。。(笑)


走られたみなさんはいかがでしたか♪

菜の花マラソン、

アップダウン多くて、しんどいし、きついし、ゴールまでの道のりに毎度毎度泣きたくなりますが、

やっぱり終わってしまえば楽しいんですよね。


今年は3月に開催される鹿児島マラソンの影響もあってか、だいぶ参加者も間引きされたのか?すっきりした感じでした。

でも、指宿のおもてなしや応援の方々は、変わらずあたたかく、優しかったですよ♪

心のこもった素敵な大会、

毎年エントリーしたくなる大好きな大会です。



今年もまた来年の菜の花に向けて、ボチボチトレーニングしていきたいと思います。

あと3分!!!を胸に刻みつつ。。。(笑)

あ、2年連続で(口約通り)川内優輝くんも来てくれて大会記録作って帰りましたよ。

よかった♪よかった♪(笑)


鹿児島マラソン、エントリーされてる方々は、あと1ヶ月ちょっとですね。

がんばってください。

1ヶ月あれば、まだ足掻けますよ。(笑)



次回はちゃんとお仕事ネタ発表しますねーーー!!!

去年からのお仕事ネタもいっぱいたまっているのです。

そちらも、そちらこそ?(笑)どうぞお楽しみに!


はいっ
それでは今日はこのへんで!!!


愛すべきランニング仲間♪

コワくない!コワくない!
みんな普通の人たちですよ。



なすびで走ったKoutaくん♪
 
そうだ!水俣へ行こう♪(Vol.6)やっとかっと水俣!!!
814-km.jpg

はい。
ようやく一桁に。。。(お付き合い下さってる皆様も、お疲れさまです♪笑)


ここにくるまでが、ホントにホントに、ホントにホントに、しんどくて。

お日様カンカン!!!

睡眠不足も手伝ってか???(て寝てないし。。。笑)


元気娘(Kaoriちゃん)はロケットのように飛んでいきましたので、初老3人=何の刺激材料もありません。


トボトボダッシュ

ヨロヨロダッシュ

ヘロヘロダッシュ


隊長も熱中症気味で、走り出したら速いんですが、必ず先のコンビニの駐車場で転がってました。

隊長に追いつき、コンビニで水を買い、転がっている隊長に水をかけ、干涸びを防ぎます。



駐車場のブロック(タイヤ止め)ありますよね。


それ、はじめは、椅子代わりに、

時にはテーブル代わりに、

最後には、枕にもなるぞと♪(笑)


自分がどういう状態にあるかで(いるかで)考え方はもちろん、ものの見え方まで変わってくることを学びました。



経験してみなきゃ分かんないことだらけです。



コンビニの駐車場で、隊長に水をかけておりますと、一台の車が私たちに近づいてきました。


なんとなんとまたまたお客様で、こっちに住まわれてるSさんファミリーがフェイスブックで、私たちがここらを走ってることを知り、3号線を車で探して下さってたとか♪


コンビニの駐車場の奥に3人転がってたのによく気付いたなぁーーー。


道にいないなら、コンビニの駐車場だ!って、察したらしいです。。。(笑)


嬉しかったですよーーー!!!


814-izm.jpg

Sさんは病院関係のお仕事なので、万が一(熱中症)の時は、電話をしてもらえたら!と番号を渡してくれ、駅に着いた後温泉まで送りましょうか!とまで!!!


なんて、親切なーーーー
こんな、くちゃいくちゃい大人たちを、車に乗せるなんて!(笑)


しばらく立ち話をしながら、娘ちゃんは、私が頭から水をかぶってるのを見て、自分もかぶりたいと♪(笑)

お手てにかけてあげたら喜んでました。かわいかったな♪


その横で、Sさんが

「カエさんたちの大切な水なんだから、そんな遊びに使っちゃダメだよ。」

って、娘ちゃんに言い聞かせてるのが面白かったです。


大丈夫だよ。そのくらいの余裕はあるから♪(笑)


はい。
こうしたサプライズのおかげで、また元気に先を進むことが出来ました。






814-km6.jpg
そしてようやく、熊本県ーーーーーー!!!

ヒャッホーーーーーー♪


ヒャッホーーーーーーーー!!!


ヒャッホーーーーーーーー!!!


もう、ここくるまで、ギリギリでした。

頭がぼぉーーーっとなってて、生まれて初めての居眠り運転(正確には居眠りラン)も経験しました。


ちゃんと歩道があってガードレールも設けてありましたので、ちょっとくらい目をつぶっても大丈夫だろうと進んでいたつもりだったのですが、気がつけば夢を見ており、(耳はちゃんと聞こえてるんですよ!)フラフラと蛇行してたそうです。


後ろからトボトボ着いてきてたチャキさんが、私のあまりのフラフラ加減に


「カエちゃん!!!」


と呼びかけてくれ、それで目が覚めました。


あぶない。あぶない。
雪山なら、死んでた。。。



814-km2.jpg

ようこそ熊本へーーーー!!!



814km3.jpg

ようこそ熊本へーーーー!!!


バンザーーーーイ!!!


この後も、走ったり、歩いたり。。。


結局のところ、進まないと終わらないゲームなので、ただただ次のコンビニを目指し進んで行きました。


コンビニ!

コンビニ!


はい。
コンビニの中にいるだけで、幸せなんです。


コンビニに入り、しばし、夢の世界を味わい、そして現実の外の世界へ。。。



そんなこんなをどれくらい繰り返したでしょうか。。。


コンビニのレシート、取っとけばよかった。

たいしたものは食べてないのに、¥5000近くお買い物してましたよ。
(アイスに、おむすび、冷やし中華に、そうめん、いなり寿司、コーラにポテト、あ、一回、なにを考えたのか、ジャスミンティ買って、全然、違うって、テンション下がったんでした。あーーなつかし。。。笑)




そしてそして、スタートから25時間後!!!



814g.jpg
バンザーーーーーイ!!!


水俣駅、到着ーーーーーーー!!!!





で、その3分後。。。
814-g2.jpg

なにすることもなく、そのまま電車に飛び乗りました。

横のおじちゃんが体背けてるのは、香ったからかな???(笑)





814-g5.jpg
車窓から。。。

美しい風景♪

を拝むことなく、この後3人とも速攻で爆睡。。。(笑)


814g5.jpg
ありがとう♪
水俣!また来るねーーーー






814-g3.jpg
川内駅で至福の一杯☆

やぁーーーたまらん!
この一杯のために、水俣まで走ったと言っても過言ではない。。。

(ダイエットも大成功???スタート前より、みんなげっそりなってるし。。。笑)



☆〜〜〜〜〜☆〜〜〜〜〜☆〜〜〜〜〜☆〜〜〜〜〜☆


2015夏☆3号線を上へ上へ水俣ラン♪



813-10.jpg




813-13.jpg



813-3-2.jpg





813-3.jpg




813-8.jpg

田畑の緑、照り返す光、虫の声、雲の形、生温い風、

それらのひとつひとつを

目で、耳で、香りで、肌で

夏の一日を感じながら♪

時間の流れも、時計ではなく

移ろう空の色、星に月、沈む太陽、昇る太陽を通して、心で感じて♪
(ついでに、脚でも、内臓でも感じて。。。笑)



歩き、走り続けているといった疲労感も手伝ってか???(笑)
幻想的で、開放的で、この上ない至福感を味わえました。


今回の夏の旅ランは、まさかのお友達の参入に、それ以外でも、知り合いやお客様からのエールもいただけたりして、ホントにホントに素敵な思い出になりました。




[求めよ、さらば与えられん]
やっぱり、聖書はいいこと言ってますね。


今年の夏も、おかげさまで、お腹いっぱい楽しめました!!!



来年は、どこ、いこっかなぁーーー


なんて、思いながらも、明日は夏の最後の冒険を楽しんできます。


はい。
ちょっくら、川内まで♪(行けるといいな。。。)


またか

なんて言わないで。。。(笑)



はいっ
それでは今日はこのへんで!!!



P.s
隊長、この夏は、ホントにホントにありがとうございましたーーーー!!!
814-kw.jpg

そうだ♪水俣へ行こう!やっとこさ阿久根(Vol.5)
 みなさまお疲れさまです。


藤宝石では、連日お客様の素敵なブライダルリングが誕生してます。

ぜひフェイスブック、もしくはインスタでご覧下さい♪


ということで、こちらは水俣のつづきを!(笑)





814-mor2.jpg

真っ暗だった空が、徐々に明るくなっていきます。

桃色に染められた空♪

幻想的でしたよーーー

昨晩見た、夕焼けで染まる橙色とは、また違う空の色♪


1日中、空を眺めながら移動してるなんて、贅沢なことですよねーーー。



813-mor3.jpg
皆で、てくてく。。。



814-mor4.jpg




813-15.jpg
阿久根のボンタンマラソンのときには、ここを右に入ります。
(今回は3号線なので曲がらず真っすぐです。)


ようやくここまで来れたかと、(見慣れた看板を見て)このときはちょっと元気になりました。


まだまだ先が、くさるほど長いなんて、これっぽっちも知りません。(笑)



814akn.jpg
そう、この時、どこかが痛くなって、やばいかな???と思ったんでした。

が、思い出せない。。。

脚の裏だったか、かかとだったか、アキレス腱だったか

あ、アキレス腱だったかも。。。(今はなんともありませんので、大丈夫です。)


で、この後、まさかのまさか!

こっちに住まっている友人、(元々は、藤宝石のお客様でしたが、ラン繋がりでその後もちょこちょこ大会で再会してますので、今は友人のカテゴリーに。。。笑)

出勤前のGataさんが偶然にも車で通り、私たちに気付き大きく手を振ってくれました!

うれしかったですよーーー!!!

(まさに中だるみ最中でしたし。。。笑)

そのおかげで、先ほどの私の足の痛みは一瞬でなくなり、またまた元気になりました。


脳って、バカですよね。。。
(あ、私の脳がバカなんですね。そっか!そっか!よかった♪よかった)



814-akn.jpg
前日のお昼過ぎ3時にスタートして、16時間経過、、、


朝、7時前。。。
ようやく、阿久根駅(無事72km地点)到着!!!





814-akn2.jpg
みなで吸い込まれるように駅の中へ。。。


814akn-4.jpg
もう、ここ、天国かと思いました。


冷房が程よく効いてて、入り口横にはカフェスペースみたいになってて、BGMまで流れてるんです。

で、かかってる曲が、ジャックジョンソン!!!

癒しのジャックジョンソン!!!


ジャックジョンソン、好きです。大好きです。
夏と言えば、ジャックジョンソン、そうですよね。

でも、今じゃないんです。(笑)

ビール片手に♪

そうじゃなきゃ、コーヒー飲みながら、海でも眺めながらのんびりまったりしてる時に、聴きたいんです。


今、聴かすな。。。

気持ちが

萎えてしまう。。。


なんて思いながら、もう体は副交感神経タイムに。。。


しばらく、ぐでーーーんて、してました。(笑)


814-akn3.jpg
ここでコーヒーでてきたらもう(水俣)行くのやめてたかもな。。。


あまり長居しすぎると、正気に戻ってしまいそうでしたので、皆で泣く泣く腰をあげ、再スタート♪


先はすぐそこ!!!



あと40km♪





813-cat2.jpg
その後も、隊長は、黒猫に挑発されたり。。。



813-cat.jpg
舌でたまま、近づいてくるし。。。


阿久根にA-Zがあるの今回初めて知りました。


やった。
川辺のA-Zも、阿久根のA-Zも走って来れた♪

後は、隼人だけ!
全部制覇した人、いるかな???

(いたら、私よりバカだな。。。でもお友達になりたい。。。そんな人、好き♪笑)


814-22.jpg
ここに来て、隊長、まさかのま○ずれに悩まされ、思うように走れなくなってしまい。。。
(笑)って、笑い事じゃないですよね。


さっきから、走り方が、変だな。。。

どこが痛いのかな。。。

って思ってたら、そういうことだったんですね。(男性も大変!大変!笑)



そこで、チャキさんがリュックに忍ばせていた魔法のお薬、NIVEAを差し出し隊長へ♪

隊長はトイレへ駆け込み、一件落着!(笑)

汗で流れるたびに、何度かの、ニベアタイムがありました。


保湿は大事!

今回学んだことのひとつです。(笑)



そして、川内からここまで一緒に走ってくれてたKaoriちゃんは、お昼までに帰らないと行けないので、米ノ津手前のスーパーでお別れ♪


得意の[小学校がはじまった!ダーーーッシュ!!!]で、ものの数分で見えなくなりました。

元気元気。。。

まるで、今からスタートみたいなダッシュで

めちゃくちゃ元気。。。

恐ろしい子♪(笑)


そうそう
後から、調べたら、お別れしたスーパーの名前、tomorrowってとこでした。


あの時は私たち初老、結構きてたんで余裕なかったけど、分かってたら、

もし余力があれば、もちょっと気が利けば、ミュージカルアニーのtomorrow、

3人で歌って見送ればよかったです。(笑)



tomorrow♪

tomorrow♪

朝が来れば tomorrow♪

いいことがある tomorrow♪ tomorrow♪

夢見るだけで tomorrow♪

つらいことも忘れる みんなーーー



って、Kaoriちゃんがいなくなってからのこの後は。。。


朝がきた後、とんでもない昼がきて。。。

夏の日差し攻撃をガンガンに受け、もう、みんなぐちゃぐちゃのドロドロでした。


もはや、ランでもなんでもない。。。


ただの放浪者たち???


やぁーーー
私たち、よく頑張った。。。

よゐこは真似しちゃいけないよ!



ということで、次回がいよいよラストでーす!!!


みんな、もう一息!!!

がんばれーーー(笑)


はいっ
それでは今日はこのへんで♪

そうだ♪水俣へ行こう!+Kaoriちゃん(Vol.4)
 813-all.jpg
はいっ
早速、続きを(急がねば、ツルマラソンが来てしまう。。。)

上の写真は、川内の繁華街?になるのかな。。。マクドナルドのところです。
(今回のメンバー全員集合♪)


ちょうど走り始めて40kmちょっと♪


Kaoriちゃんとは、この手前の川内駅で待ち合わせでした。(上の写真右から3番目のちっちゃい可愛い子です。)

が、やはり金山峠やら、なんやらで、かなり遅れてしまい。。。


結果、Kaoriちゃん(Yuriちゃん同様に)逆走してきてくれました。(笑)


しかも、夜ランは初めてだったらしく、ヘッデン不所持。

あれっ、今、反対車線、何か黒いものが爆走してった!

って思ったら、Kaoriちゃんでした。


あぶない!

あぶない!

慌てて呼び止め、無事合流♪


チャキさんが万が一に備え、もうひとつ小さなヘッデンを背負ってましたので、それをKaoriちゃんに装着!


そして、ここまで一緒に走ってくれたYuriちゃんは、川内駅まででしたので、[おつかれさま]と[ありがとう]を伝え、ここでお別れ♪



で、Kotaくん♪
コースが、ちょうど彼の職場を通過するので、 

「せっかくだから顔を見て行こう!!!」

ということで立ち寄ったのですが、彼は彼で

「せっかくだから、ちょこっと走ろ♪」

と私たちの顔を見て決めたらしく(さすが!笑)

結果、新妻Shihoさんは車でちょこちょこ先回りし、コンビニで待っててくれるという形に。(なんて、優しいべっぴんさん!!!)


813-n1.jpg
ということで、KaoriちゃんとKotaくんが加わり、改めて、スタート♪

この時はまだ、私は全然元気でした♪

が、チャキさんは徐々に疲れを見せ始め。。。

確かに、今思えばいつもより青白さんになってましたね。(笑)


隊長は隊長で、前日も20km近く走ってましたし、前半追っかけてきてくれてますし(笑)
チャキさん同様初老ですし。。。(笑)

加えて、足の裏がちょこっと痛くなってきてたみたいです。


KaoriちゃんとKotaくんは、すこぶる元気♪(だってだって、今からですもの!笑)


Kotaくんは、元々トレラン(お山を走る)専門なんで、だからか?は別として。。。

普通にまっすぐ走るのではなく、歩道脇の段差(ブロック)部分を、平均台のようにテロテロ進んだり、普通の道でも、2ステップ、3ステップ、ジグザグ、もう全くじっとしてない!

って、走ってるんですが、走ってる以上に動いてるんです。

まるで、元気な小学生!(笑)


小学生と言えば、Kaoriちゃんも♪


もう、とにかく、パワフルな走りで、のろまな私たちに合わせてちょこちょこと歩いてはくれるのですが、先頭を行く隊長との距離が離れだしたら、後追いダッシュ!


ピンクのザックをゆらゆらゆら揺らしながら、

ダッシュ♪ダッシュ♪


Kaoriちゃんの体には少し大きめなピンクのザックが、遠目にはランドセル背負った小学生に見えて(笑)小学校が大好きな女の子が、新学期始まって、嬉しくて猛ダッシュで学校に行くような。。。


そんな感じに見えて、後半私たちが疲れてきても、Kaoriちゃんの猛ダッシュは変わらないので、

「ほら♪学校はじまった!ダーーーーッシュ!!!」

なんて言いながら、疲れた老夫婦(=私たち)は、孫を見るような思いで追っかけておりました。(笑)




814-con3.jpg
隊長駐車中(笑)

大丈夫です。
ただ横になっているだけです。でも初めての人が見たらびっくりするかもですね。

隊長のこの姿は、私たちには見慣れてしまい何とも思いません。

ただの[ころんとなってエネルギー補給]です。

私もそれを真似て、2回くらい、ころんとなりましたしよ。(笑)



確か、この辺りでは、チャキさんが具合が悪くなって走れなくなってしまい、どうにかこうにか早歩きで進んでおりました。


チャキさんの沈んだ気分をちょっとでも持ち上げるために、ここで急遽!


☆ミッドナイトしりとり大会☆(パホ♪パホ♪パホーーー♪)


を実施!!!(もちろん、歩き走りしながらです。笑)



ただのしりとりでは面白くないので、ラン&トレラン関連しりとりに。


トレイル → ルームランナー → ナトリウム → 無酸素運動 → ウルトラ → ララムリ → リスク → 苦行 → ウサインボルト → トランスアルプスジャパンレース → スコットジュレク→屈伸運動→


と、こんな感じ♪
(とにかく、関連してたら人でも国でも、大会名でも、ミトコンドリアでも♪)


どのくらい続いたか分かりませんが、最初は楽しくやってたチャキさんが、時間が経つに連れて余計に具合悪そうになってしまい、あわてて中止!!!


たしか、ル責めにあってて、(ただでさえ気の毒なのに、ダブルで気の毒。。。笑)


[ルコック]って言ったのが最後だったような。。。

ちなみに、[累積標高]は、その前に使いました。(笑)


そしてここのローソン湯田店で、Kotaくんと新妻Shihoさんとお別れ♪

ちょろっとって言って、10km以上付き合ってくれてるし。。。(笑)

最後、テールランプ、5回点滅してくれてたっけ???(笑)


ありがとう!Kotaくん&Shihoさん♪
頑張って、素敵な指輪作るねーーー!!!(全ては繋がっているのです。笑)




ここからは、隊長&Kaoriちゃん、そしてチャキさん&私の4人に。。。



814-nishi.jpg
そして西方駅。。。

この前後真っ暗でした!!!


そうそう、ここで私はころんとなりました。


誰も、見てなかったしーーー

て、私たち以外誰もいないし。。。(笑)


このあとは、隊長&チャキさんが前に♪

海沿いだったからか、真夜中だったからか、Kaoriちゃんと私は、しばらく歩きながら女子トーク!!!

はじめは、大会の話しから恋愛、そして人生の話しに。。。(笑)

普通に飲み屋で話してるみたいな話、してました。(笑)


隊長とチャキさんから

「そろそろ、走れるーーー???」

と聞かれ、


[あーーーそうだった。私たち、走ってるんだった。水俣行くんだった。]


て思い出しました。




814-3-2.jpg



そしてようやく、阿久根市にーーー!!!

ここまで長かったーーーーー!!!


そして、ここからが、

もっともっと長かった!!!



でも頑張ってあと2回くらいで終わらせますね。。。

だから、皆さんも頑張って♪(笑)



はいっ
それでは今日はこのへんで!!!